特定の生活シーンにおける問題を解決すること。Process:11


2017年になり、半月とすこしがたちました。HPのトップも2017SSのイメージを追加し、次に私たちが進んでいくべき方向も決まってきました。


これまでの2シーズンで、私たちはNo.1からNo.8までの8つのプロダクトを「日常の制服」として採集してきました。

3シーズン目からはそこから一歩踏みこんで、それらを更新していく段階にステップアップしていきます。


「日常の制服」とは、日常にひそむ問題を解決するものでなければならないと考えています。

そのために、採集期ではカバーのしきれなかった特定の生活シーンにおける問題…寒い・暑い・動きにくい・着脱しにくい・かさばる…といった、現代を生きるうえで衣服が避けようのない問題を解決すること。


「私たちの暮らしの中に当たり前に存在する、普遍的なデザインと機能性をもったプロダクト。それらがこれまでに語ってきた歴史や文脈を受け継いでいく。」という採集期をへて、「次の時代にむけて、現代を生きる私たちの価値観や美意識をもって更新していくこと。」


そのために私たちは、採集をへたプロダクトの次のステップとしてシーズンごとにひとつの「テーマ」をもうけます。

そのテーマとしてつねに当てはまるのは、ある特定の生活シーンにおける不便や不足である。ひとりの人間が生活をつづけていくうえで、私たちのプロダクトが何かを解決することができてこそ、「日常の制服」として一歩あゆみをすすめることができるのではないでしょうか。


2017-18AWの展示会は3月を予定しています。2シーズンを経てステップアップしたItheの考えをぜひ、皆さんに体験していただきたいと思います。



今年もItheをどうぞよろしくお願いします。



0コメント

  • 1000 / 1000