Ithe 「No.03-M65」 Pants


Itheの3番目となるプロダクトは、アメリカ陸軍が1965年に採用したフィールドカーゴパンツがベースになっています。ベースとなったプロダクトのカラーはいかにもミリタリーウェアなカーキですが、Itheではベージュ・もしくはブラックを採用することでクリーンで都会的な印象をもたせています。

シルエットはかなり太く・股下も深いので、すとんと落ちるようなシルエット。トップスを選ばないボリュームと存在感があります。


このM65パンツは当時戦場で着用することが想定されていたこともあり、その合理的なディテールと普遍的なデザインを実現するためにさまざまな工夫がなされています。

ポケットはフロント・バック・カーゴにそれぞれ2つずつ合計6ポケット。すべてのポケットにはフラップがついており、ドットボタンで開閉します。

ウエストにはベルトループと、サイドにはアジャスターが備えつけられているので最大で10cmほどまで絞ることができ、幅広いサイズ感に1枚で対応することができます。

また、裾には足首の部分を絞るためのドローコードがついており動きやすく、ひざの部分にはタックがはいっているので、ひざを曲げてもつっぱりやストレスがないことも特徴です。



ベースとなったプロダクトから一点省いたのは、ライナーを取りつける際に必要なボタンとコードです。

ライナーは現代の都市で生活する際にはオーバースペックになってしまうこと・パーツの数が増えすぎることで販売価格が上がってしまうことからItheの「日常の制服」というコンセプトにはそぐわないと判断しました。



現在多くのブランドが手がけるカーゴパンツの原型といえるM65パンツ。世にある洋服の多くがミリタリーという分野から生まれ、今の日常着のベースとなっています。

一般に流通しているカーゴパンツは、それぞれのブランドの解釈をもってデザインを変更したり・手を加えられたりしていますが、Itheではできるかぎりそれをせず、製品として忠実に再現することに重きをおいています。


それが「日常の制服」への敬意であり、歴史や文脈を受け継ぐことにつながると私たちは考えています。



0コメント

  • 1000 / 1000