Ithe 「No.07-WP-F」Work Pants



80年代フランス製のワークパンツをベースに、もっちりとした風合いのポリエステル綿の生地を使用して、上品な印象に仕上げました。

ゆったりと履くのにちょうどいい幅広なシルエット。

すべての縫いしろが巻き縫いになっているので、縫い目が肌にあたらないこと、180度開脚が可能な「ガゼルクロッチ」という仕様を採用していることが特徴です。

そのような実用性も、ワークパンツならではのもの。

ナナメに伸びるように配置された前ポケットは手を入れやすく、中も深いのでスマートフォンや小銭入れが軽々とおさまります。





ファスナーにはワーク・ミリタリーの分野で古くからしたわれてきたWALDES社のものを使い、ワークパンツ本来の無骨さを忠実に再現しています。

たっぷりと足元に裾をためて、カジュアルに履くのもいいですし、ロールアップをするとまっすぐを落ちるシルエットがより強調され上品な印象になります。





ワイドパンツは上に着るものを選ばない使いやすさがあり、履き心地も申し分ないのでつい毎日履いてしまうような魅力があります。ちまたにはずいぶん幅の広いパンツが増えてきましたが、私たちの7番目のプロダクトはワークパンツが持つ荒っぽさと、Itheの提案する「clean」「daily」「practical」というキーワードがうまく両立されたアイテムです。

0コメント

  • 1000 / 1000