「定番」に新たな角度を加えて生まれ変わらせていく。Process:16


これまで、数えきれない数の服を見てきました。


ファッションに興味を持ってから、それを仕事として選んでから、本当に毎年数百、数千の服を見て、触って、自分が本当に着たい服はなんなのか、誰にとっても着こなしやすい理想の服とはなんなのか考えてきました。



その答えは多分、定番と呼ばれる服にある。


今世の中に出回っている多くの服のモデルになった仕事着や制服、もしくは長い歴史の中でいまだに愛され続けている名作。

リーバイス、ラルフローレン、ブルックスブラザーズ...。


そういったプロダクトのデザインにある細やかな気づかいや合理性、もしくはまったくの無駄としか言いようのない、歴史が遺した愛しい矛盾。


それを現代に受け継ぎ、作り直す作業をはじめてからもうすぐ2年。



春に予定している2018-19年秋冬シーズンの発表で、私たちが定番として現代に受け継いだデザインは20型になります。


そして、Itheとして今年取り組みたいことに、定番に新たな角度を加えて生まれ変わらせたいというのがあります。


たとえば、デザインはもちろんそのままに、着丈や身幅を規格外に拡大したり、縮小する。当たり前ですが、それだけでできあがる服は全く違うものになります。


または、当時は欠かせなかった機能や装飾だったけれど、現代に特に必要とされていないものを省く。または型紙を簡略化して、その分だけ価格を下げる。


現代の性差に対する考えかたや体型、日本の気候にあわせて最適なかたちを追求していく。
または問題を解決していくために、定番をそのまま作り直すだけでなく、目的にアプローチしていくことも、未来にむけて定番を遺していくためには必要なことです。


そこには一歩間違えると凡庸な仕上がりになってしまう危険性もあります。


でも、「デザインをしないこと」「日常の制服」という私たちのコンセプトを守りながらであれば、きっとItheに袖を通してくれている皆さんの期待を裏切ることにはならないのではないかと、そう考えています。







0コメント

  • 1000 / 1000